燃料関係

燃料 目的・用途燃料添加剤 目的・用途

燃料 目的用途

火力発電所向けの重油・軽油の取扱いをしています。

近年、CO2排出量削減による低炭素化社会への移行は石油業界にも大幅な変化をもたらしました。発電所における重油の使用量も減り、さらに原子力発電の導入によって重油の需要自体が急速に減少しています。ただ、当社は低炭素化社会をめざすと共に、お客様が必要である安定的な電気を作るお手伝いをさせて頂いていると考えています。石油は今後もなくてはならない必要な資源です。環境と社会と企業の中でうまく調和できればと考えています。

製品 C重油・軽油
メーカー JXTGエネルギーhttp://www.noe.jx-group.co.jp/
PAGE TOP

燃料添加剤 目的用途

燃料添加剤は燃料の燃焼効率が向上します。

火力発電所において燃料を焚く際に、燃料添加剤を使用する事により重油燃焼によるボイラー炉内の汚れ防止、大気汚染物質(NOX,煤塵)の抑制、又ディーゼルの黒煙防止、燃焼効率向上等に効果があります。

製品 燃料添加剤(液体燃料用)・燃料添加剤(固体燃料用)
メーカー 株式会社タイホーコーザイhttp://www.taihokohzai.co.jp/
PAGE TOP
日九興産株式会社
COPYRIGHT NIKKYU KOSAN ALLRIGHT RESERVED.