太陽光発電設備

目的・用途

目的用途

太陽光発電設備はシャープ製の太陽光モジュールとGSユアサ製のパワーコンディショナーをセットにしてシステム設計、据付工事までトータルでサポートすることが可能です。

photo 我が国は国連において温室効果ガス排出量の1990年比25%削減公約を掲げ、CO2排出に対する規制強化や金銭的負担増が予測されています。また、環境に対する意識の高まりからCO2排出量削減が、企業の社会的責任ともなっています。
太陽光発電は、太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式で、昼間の電力需要ピークを緩和し、温室効果ガス排出量を削減できるなどが特長です。また近年の競争によって性能が向上し、設置や保守が容易である等の利点や、補助金制度の活用により低炭素社会の成長産業、再生可能エネルギーとして需要が拡大しています。
当社は、太陽光発電設備はシャープ製の太陽光モジュールとGSユアサ製のパワーコンディショナーをセットにしてシステム設計、据付工事までトータルでお客さまをサポートし、低炭素社会に貢献致します。

製品 太陽光モジュール(単結晶、多結晶、薄膜)、接続用ケーブル、パワーコンディショナー他
メーカー シャープ株式会社http://www.sharp.co.jp/business/
株式会社GSユアサhttp://www.gs-yuasa.com/gyp/jp/
PAGE TOP
日九興産株式会社
COPYRIGHT NIKKYU KOSAN ALLRIGHT RESERVED.