トンネル掘削機(シールドマシーン)

目的・用途納入実績

目的用途

主に地下鉄や下水道、電力等のトンネルの掘削に利用されます。

シールドマシンは、一般的には円筒状で、底を抜いた茶筒を倒したような形状をしており、建設するトンネルの形状に合わせて製造されています。また、現場の地質などに合わせて作成される特注の機械であり、工事終了時にはトンネルの外壁の一部として利用されます。ドーバー海峡トンネルや、東京湾横断道路トンネルのように長距離連続、掘削、超大口径のニーズに対応するために開発が行われ、多くの現場で採用されて実績が生まれました。特に安全性・経済性の面に優れています。

メーカー 川崎重工業株式会社
PAGE TOP

納入実績

九州電力 西福岡赤坂線
九州電力 新大分発電所放水路
九州電力 小丸川発電所
PAGE TOP
日九興産株式会社
COPYRIGHT NIKKYU KOSAN ALLRIGHT RESERVED.