リチウムイオン電池(産業用)

目的・用途

目的用途

リチウムイオン電池は、夢と未来の電池です。

現在、リチウムイオン電池は、鉛蓄電池が主力のUPSなどの据置バックアップ用途にも搭載が始まっています。鉛蓄電池に比べて軽量・省スペースが実現可能で、放電時間(バックアップ時間)が短ければ短いほど鉛蓄電池よりも小さく軽いシステムを実現することが可能となります。簡単にいえば、小型・軽量で電力が大量に取り出せて、素早く充電できる電池というところです。
ニッケル水素電池も主体であるハイブリッド自動車の電池は2010年頃から徐々にリチウムイオン電池に代替することが予測されています。携帯電話やパソコン用の小形電池が現在リチウムイオン電池に代替されたように、大型の産業用システムも近い将来、高性能なリチウムイオン電池に変わっていくものと予測できます。

主な2次電池の特徴の比較

項目 鉛蓄電池 ニッケル
カドミウム電池
ニッケル
水素電池
リチウム
イオン電池
公称電圧 2.0V 1.2V 1.2V 3.6V
エネルギー密度 ×
サイクル寿命
大電流放電
メモリー効果 ない ある ある ない
メーカー 株式会社GSユアサhttp://www.gs-yuasa.com/gyp/jp/
PAGE TOP
日九興産株式会社
COPYRIGHT NIKKYU KOSAN ALLRIGHT RESERVED.